下半身の重さ・長く歩くのがつらい 那覇市首里寒川 整骨 整体

患者さん

70代女性

来院日         来院回数

2021年5月     5回

主訴

下半身の重さ

歩き続けるのがつらい

10分位立っていると足が重くなる

症状

15年前に脊柱管狭窄症の診断手術まではしなくてよいと言われた。昨年までは踊りのサークルで踊れていたが、下半身の重さ、歩き続けるのがつらく、10分位立っていると足が重くなっている

為踊れなくなりつつある6~7年病院に通い薬を服用している

施術と経過

腰部、臀部、下腿部の筋緊張の改善と腰部、股関節、足関節の可動域の改善を目標に

筋肉と神経に施術を行い身体の歪みの調整を行った

1回目 関節の可動域が改善した

2回目 次の日まだ下半身の重さはある

3回目 その2日後下半身の軽さが出てきた

4回目 その2日後下半身の重さは軽くなり症状も安定してきている

5回目 その2日後 下半身の重さもなく、今度ある踊りのサークルに参加してみる

使用した施術方法

筋膜リリース、神経促進整体

考察

筋肉・関節の硬さによる血液の循環が落ちていたと考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です